元彼に自分から連絡しない方がいい4つの理由

復縁したいと思ってる元彼に自分からは連絡しな方がいい理由を解説
MENU

元彼に自分から連絡しない方がいい4つの理由

復縁すべき?元彼に自分から連絡しない方がいい4つの理由

 

振られてしまったけど、未練がある。
または、自分史上最高の恋愛をした相手だった・・・。
そんなとき、「もしやり直せたら・・・復縁したい」という思いから元彼に連絡したくなってしまうことがあると思います。
そんなとき、元彼に自分から連絡するのはやめたほうがいい理由を4つ紹介します。

 

 

@やっぱり未練があると思われる

 

元彼に自分から連絡しない方が良い理由の一つに、「やっぱり未練がある」と思われる、というものがあります。
自分から連絡することで、元彼にその予想が確信に変わり、重い女だと思われやすくなって復縁しづらくなるからです。
男性は、元彼女を思い出の中で美化し、今でも相手は自分に対する情や好意が残っている、と思い込みがちです。
人生のほんのひととき自己肯定感を満たしてくれた存在を、時が経ってもなお、日ごろの心の栄養にしたいのです。
そこで、あなたから元彼に連絡したら、カレの中にはこんな心の声が響くでしょう。
「彼女、やっぱり未練があったんだ。あんなに俺のこと好きだって言ってたもんな。(リアルな復縁をイメージしながら)でも、正直美しい思い出でいて欲しかったなぁ。復縁したいのかな・・・決断を迫られたら面倒だ。(付き合っていた頃の不満を思い出しながら)束縛されたり振り回されたくないから適度に距離を置こう・・・」

 

もし元カレとの復縁を望むなら、未練は一ミリも匂わせてはいけません。
別人として再び惚れさせる作戦に切り替えましょう。

 

A新しい生活を始めた元彼の邪魔になってしまう

 

元彼に自分から連絡すると、新しい生活を始めたカレの邪魔になってしまうことがあります。
結果的に、今の自分に合う女性ではない、と思われ復縁ができなくなるのです。

 

付き合いを解消した後、どちらもともに自分のライフスタイルをリニューアルしなければならなくなります。
振る方も振られる方も、辛い思いをして別れを経験します。そんな出来事から立ち直るために、一生懸命新しい生き方を探し、やっと前を向いて歩けるようになるのです。

 

辛い経験の克服も含めて生活を一新した元彼に、今さら「あの頃に戻りたい」といった願望をぶつけても、カレは「もうあのときの俺ではないし」と感じるのです。
ライフスタイルも変化していて、元カノの入るスペースがない、あるいはすでに新しいパートナーがいる、という場合もあります
。言い方は悪いかもしれませんが、「邪魔な存在」になってしまい余計に復縁が困難になるという流れに。

 

一度別れたのであれば、あなたの方も新しい生活、新しい恋を探すことをおすすめします。
そのことによって、別れた彼があなたを見直す可能性もあるし、もっと素敵な恋人が現れることもあるでしょう。

 

B連絡した時点で振られた理由を無視している

 

大好きだった元彼に今すぐ連絡したい気持ちを抑え、先にあなたは理由があって破局したことを知る必要があります。
その理由を理解することなしに連絡をしても、元彼に自分のことを分かっていない女性だと思われ、別れて正解、なんて影で言われてしまいます。

 

復縁をしたがる女性には、ちょっと思い込みの激しい部分があるのではないかと思います。
たとえば、カレ以上に素敵な人が今後現れない、本物の恋はこうあるべき、といったことです。

 

付き合っていた頃はお互いの理想に合っていた二人であったかもしれません。しかし、人間は環境の変化に左右される生き物であり、ずっと同じ気持ちを抱き続けることがないというのも自然なことなのです。

 

復縁を願う前に、自分にどんな不要な思い込みがあったのか、よく考えてみましょう。あなたが勝手に信じ込んでいるルールで、元彼の自由を奪ったり傷つけたりしていませんでしたか?

 

今度元彼の前に現れる時には、破局の原因になった自分側の「恋人関係はこうあるべき」という偏った見方から解放された女性になっていたいところです。
元彼を幸せにする準備ができてこそ、再びご縁をいただけるもの、と考えましょう。

 

 

08

 

 

このページの先頭へ